音楽を聴くこと

気分転換で、いちばんよくやるのが、音楽を聴くことです。音楽と言っても、ジャンルがあるわけですが、一番好きなジャンルは、jポップです。けど、そればかりでは飽きてくるので、洋楽を聞くこともあります。洋楽でも、ギターがギュインギュイン奏でるものよりも、エレクトロニクスの音色のほうが好きです。それと最近では、クラシックも聴いたりしています。クラシックは、全然詳しくないのですが、動画サイトで、知っている作曲家で選んで、聴いています。そのなかで、「あっ、いいなぁ~☆」と思ったものをチェックするといった感じです。そういうふうに聞いていると、段々とクラシックについて、知識も増えていくんですよね。そうなると自分が好きなものがどんな感じのものかっていうのが、自分でわかってきます。クラシックって言うとなんか敷居が高い印象ですが、いわば「古典」です。たとえば、小説などでも古典を読めってイイますよね。ミステリー小説でも、クリスティや、クィーンなど、日本文学なら、芥川、夏目、川端なんかを読めってイイますよね。音楽も同じだと思います。やはり、長く受け継がれているものは、それだけでスタンダードなんです。モーツァルトやバッハなどは、もう三百年以上も聞かれているんですから。そういった音楽を聞かずして、音楽を好きというものどうかなって思います。

だから、クラシックを聞くことが最近の楽しみの一つにもなっているんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA